はんこの種類と手彫り

一口にはんこといっても、目的や用途によってさまざまな種類があります。ほとんどの方が三点セットとして持っているのが、実印、銀行印、認印です。実印は、住民登録をしている市区町村の役場などに印鑑登録を受理されたはんこのことをいいます。見かけが高級そうであるとか書体が難しいからという理由で実印と呼ばれることはありません。実印は、公正証書の作成や金銭その他の貸借証書、契約書や不動産の取り引き、遺産相続など、法律上や社会上の権利や義務の発生するときに使用する最も重要な印鑑です。唯一性を保つために、他のはんことの併用だけでなく、家族であってもひとつのはんこを使うことのないようにしなければなりません。このような理由から、実印だけは、多少費用がかかっても、職人による手彫りの印鑑を購入する人が多いようです。

銀行印は、その名の通り、銀行や郵便局などの金融機関で預貯金の口座開設や金銭の出納に使用するはんこです。金銭関係に最も関係するはんこなので、通帳と一緒に大切に保管しているという方も多いのではないでしょうか。認印は、実印に近いような形で印鑑証明を必要としない書類を作成したり、出勤簿の捺印に使用したりするはんこです。印鑑登録されていないといっても、捺印すると実印に準じた責任を伴うことになるので安易に押印することはできません。